Youtube(True View)広告

Youtube(True View)広告の動画制作・映像制作依頼について

100eView広告とは、Googleが運営するYoutube内で配信される動画広告の名称です。 
ユーザーがYoutubeで動画を視聴する前や、動画検索、おすすめ動画欄に表示されます。
動画の広告はテキストや写真に比べ、情報量が5000倍多いと言われており、高い宣伝効果が期待できます。 

VROADのYoutube(True View)広告の強み​

music1

最初の5秒で印象づける

YoutubeのTrueView広告は、再生開始から5秒経過するとユーザーがスキップすることが出来ます。そのためスキップ出来ない5秒間で伝えたい内容や、ユーザーの注意を引くような動画作りを致します。
途中で飽きさせない動画制作をすることで最後まで視聴されやすくなり、広告効果にも期待が出来ます。

music2

音や字幕にもこだわる

動画の最大の利点は音や映像を掛け合わせた圧倒的な情報量です。耳に残るフレーズや音楽などを使うことで続きが見たいと思わせることが出来ます。
また、電車やバスなどの移動中などは無音で視聴することがあります。音を出さない視聴も意識してテロップなどにも拘って制作を致します。

youtube2

目的に合わせた最適な動画制作

今や、Youtubeの日本の利用者数は5000万人以上と言われ、その膨大なユーザーの年齢層や性別・地域・好み・キーワード・時間帯・曜日などを設定して 配信することが出来るのが大きな利点です。
広告のターゲット層を明確にして動画を制作し配信することで、視聴者に効果的に広告を届けることが出来ます。

Youtube広告の種類

#01

TrueViewインストリーム広告

Youtubeの動画を見る前に、右下に「5秒後にこの広告をスキップすることが出来ます。」と表示される、”5秒後にスキップするかそのまま広告の視聴を続けるか”を視聴者自身が選択できる広告です。
このTrueViewインストリーム広告はユーザーが5秒後に広告をスキップ出来ますが、30秒間視聴、また30秒未満の動画であれば、最後まで視聴しないと課金が発生しないため広告の費用対効果が高いのが特徴です。

#02

TrueViewディスカバリー広告

Youtubeの検索ページと動画再生ページに加え、モバイルアプリのTOPページにも掲載される広告です。サムネイル画像と最大3行の広告が表示されます。
広告をクリックしたユーザーにはYoutubeの動画再生ページやチャンネルページが表示され、Youtube上で動画を見ることが出来ます。

#03

バンパー広告

「動画広告の俳句」と表現されるバンパー広告の最大の特徴は、最長6秒間のスキップが不可能な広告ということです。
6秒間に的確なアピールポイントを盛り込み、オリジナリティを訴求することが求められます。バンパー広告はスキップがない6秒間という短い尺でユーザーにストレスを与えることなく、リーチを見込めます。
新しい動画広告の形ですがリリースされて以来、導入する企業が増えています。TrueViewインストリーム広告との差はないように見える新フォーマットですが、活用次第で大きな成果を期待できるでしょう。

CONTACT

動画制作・映像制作に関するご質問まで、どんなことでもお気軽にご相談ください。
土・日・祝日・休業日以外は、24時間以内に返信いたします。

Youtube(True View)広告の特徴・メリット

分析アイコン

興味のある視聴者へリマーケティングが可能

Youtube広告にもリマーケティング機能があり、YoutubeとAdWordsのアカウントをリンクさせれば、ユーザーのアクションに応じて様々なリストを集めることが可能です。
Youtube動画リマーケティングを活用することでCPAの良化。CV数増加や売り上げに大きく貢献します。

財宝アイコン 円タイプ

費用対効果に優れている

YoutubeのTrueViewインストリーム広告はスキップされると料金は発生しないため、興味を持つユーザーにのみ確実に動画を届けることが出来ます。5秒以上広告を見たいと思ってくれるユーザーにのみ広告費をかけることが出来るので、費用対効果は非常に高いと言えるでしょう。

ホームページのアイコン

自社サイトへ誘導できる

最近はYoutubeの広告からのアクセス流入を獲得している企業も多くなってきました。
動画広告を作らなくてもYoutube上の動画の下にバナー広告を表示するものなどがあります。

SNS人物アイコン 4

多くのyoutube視聴者にアピールできる

Youtubeの日本の利用者数は5000万人、世界では19億万人と多くの視聴者に向けてアピールすることが出来ます。
Googleは2016年4月に「Youtubeはテレビよりも80%以上の広告がある」と発表しています。
インターネット動画の視聴層は特に10代~20代の若年層が多く、若者へリーチするにはテレビよりもYoutube広告にシフトすべきでしょう。

ターゲットのアイコン3

ターゲット層を絞って配信できる

Youtubeの動画広告はターゲット層の設定が出来るようになっています。Googleは各ユーザーがどんなジャンルやコンテンツに興味があるか、視聴履歴などを参照して把握しています。そのため広告を出す際にジャンルを設定すると、そのジャンルに興味関心があるユーザーに訴求することが出来ます。しっかりと訴求したいターゲット層をイメージし広告を作ることでリスク回避にもなり、高い費用対効果も見込めることでしょう。

Youtube広告の具体例

YoutubeCMはTVと違い、時間的制約がない

TVでは出来ないドラマ仕立てのCMなども制作することが可能です。ロシアの通信会社のROSTELECOMは、連続ドラマ形式で Youtube広告を配信するという斬新な試みを実施しています。「The Buzz」という通信にまつわる家庭の日常を描く一話完結型のドラマを34話配信。このYoutubeCMは大きな話題になり、累計で102,297,114インプレッション、32,513,225ビューもされています。Webサイトにも大量のアクセスがあり、スキップされがちなYoutubeCMを 上手くエンタメコンテンツへと仕立てた試みでした。

Youtuberとのコラボ

Youtuberには多くのファンがチャンネル登録をし、 毎日のようにYoutuberが配信する動画を見ています。
彼らが新製品を面白く動画にし配信すると、 その製品に興味がなかった人も見入ってしまうでしょう。
店頭説明やカタログ、テレビ通販とも異なり、現代ならではの広告方法と言えます。

Youtube広告動画制作のQ&A

イメージが固まっていなくても大丈夫です。 制作前のヒアリングや打ち合わせ時にしっかりと相談することでご要望や目的に合わせた動画を作り上げます。

最近の傾向ですと3分~5分以上を超えると一気に離脱率が上がります。 視聴者を飽きさせない工夫をすると共に短い尺で制作をすることをおすすめいたします。

はい。お客様がご用意した素材を元に制作することが可能です。

動画に合わせた最適なナレーションを選定し収録いたします。

弊社では、作りたい動画がいくらで作れるのかを最低限の項目で記載いたします。 専門的な単語で何の費用かわからないお見積りはいたしませんのでご安心ください。